<   2011年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

(*^_^*)えがおがいっぱい(*^^)v

3月26日(土)に広島市植物公園で行われた
初級園芸福祉士事例発表会での報告を紹介します。


知的障がい者支援施設でのふれあい交流
(*^_^*) えがおがいっぱい (*^^)v

●活動の背景と目的

【経緯】
2003年9月に、初年度の初級園芸福祉士の資格を取得した植物好きの仲間を中心に「ふぁいん倶楽部」が発足して8年になります。会員の中に「くるみ邑美園」の職員が数名いたため、活動の場所としてスムーズに受け入れていただき余暇支援として継続しています。
                               
【目的】
ほとんどの時間を施設内で生活する利用者さん達と、周年楽しめる花壇の植栽を中心に季節感を取り入
れたプログラムで交流活動を通してふれあう。

●活動の内容
年間活動を決め、担当者はプログラムを作成、活動時間内に作業が終わるよう事前準備する。
d0162377_22405881.jpg


植栽風景
d0162377_22371999.jpg


立体三段花壇 “くるみちゃん”~~できた♪
d0162377_22373067.jpg

 
プログラム
d0162377_2238984.jpg


おおきな輪になったよ!つないで遊ぼう~音の出るおもちゃ作り
d0162377_22382814.jpg

       
みんな夢中で聞いています。ジャンボ絵本“はらぺこあおむし”
d0162377_223842100.jpg


園芸福祉花壇草取り
d0162377_2239696.jpg


●運営や体制
【人  数】
ふぁいん倶楽部会員20名
香木の森研修生4名
【費  用】
会費
利用者からの実費負担
【道  具】
園芸作業に関するものはくるみ邑美園から借用
その他の道具は、会員が持参する。          
【材  料】
クラフト手芸―花壇の花、会員の持ち寄りや、野山で採取した物を活用し利用者の費用負担が大きくな
らないように工夫する。

地域との関わり
地域での園芸福祉活動は会員各自がそれぞれの所で活動している。
認知症予防教室・西部島根医療福祉センター・学校支援ボランティア研修会への参加・矢上小学校クラブ活動の支援・健康公園の手入れ・婦人会、自治会、公民館での園芸教室等。

香木の森研修生に研修の一環として参加してもらっている。

ブログによる発信
昨年5月「ひろしまね園芸福祉協会」との連携によりホームページを立ち上げ活動の歩みを公表している。

●これまで苦労した点や今後の課題
初めて障がい者とかかわられた方には、戸惑いがあったと思われるが、8年間の活動を通して一人ひとりの障がいを理解し交流を積んで今ではお互いステキな笑顔が見られる。
《特に注意した点》
園芸作業時の雨天・暑さ寒さ対策
道具による事故や怪我
材料を間違って口に入れないようにする

今後の課題
会員の参加者が徐々に減少しているなか、香木の森研修生の参加は欠かせないものになっている。
これからは
①仲間を増やす
  産業技術科のある矢上高校との連携から次世代後継者を育成する。
  学校支援ボランティア活動で地域の子供たちと仲良くなる。
②活動場所を増やす
  地球環境講演会への参加
  老人福祉施設での活動
③レベルアップ
  研修会、毎年1回の研修旅行で情報収集をする

■発表者氏名 
ふぁいん倶楽部 事務局 宮本 昭枝 
[PR]
by fine_club | 2011-04-14 22:04 | 園芸福祉研修 | Comments(0)

4月園芸福祉活動のお知らせ

長かった冬が終わり、春が駆け足でやってきました。
スイセン、ムスカリ、ヒヤシンス、クロッカス、コブシ、ユキヤナギ、レンギョウ・・などなど一気に咲いてしまいました。
サクラももうすぐ満開ですね。(*^^)v


今回は3月に採取した花や葉を使って缶バッチを作ります。
担当は前田Rさん、日野原さん、宮本さんです。
2カ月続いてよろしくお願いします。

下記をクリックすると4月のプログラムが拡大表示されます。
             

d0162377_2316596.jpg

[PR]
by fine_club | 2011-04-07 23:17 | お知らせ | Comments(2)

上田さん、ありがとう。

春は別れと出会いの季節
新年度を迎え入園、入学、進級や入社、異動など・・・
新しい環境で頑張っておられる方も多いことでしょう。


共に園芸福祉活動続けてきた仲間の一人が亡くなられました。
娘さんといつも一緒に参加されていた上田さん。
仲のいい母娘さんで傍から見ていてもほほえましい姿でした。

娘さん曰く
「娘の私たちから見ても茶目っ気たっぷりで、可愛らしかった母。
これまでの思い出を振り返れば優しい面影ばかりがよみがえり、胸にぬくもりが広がります。」

娘さんの言われるように祭壇で微笑む彼女の写真は
茶目っ気たっぷりでVサインの素敵な表情でした。
お母さんから注がれた愛情というかけがえのない財産を胸に秘めた姉妹を
上田さんは優しい眼差しで見守り続けられることでしょう。

昨年の7月にプログラムを担当した彼女はいつも丁寧に作品を仕上げる人でした。

活動記録を綴る手帳を作ってくれたのも彼女です。

心からご冥福をお祈り申し上げます。
上田さん、ありがとう。
[PR]
by fine_club | 2011-04-07 23:06 | Comments(0)

~~花と緑で幸せになろう~~     月に一回くるみ邑美園で園芸福祉活動をしています。


by fine_club
プロフィールを見る
画像一覧